PR

【子連れ3泊4日】沖縄旅行のモデルコース

子連れ旅行記
記事内にプロモーションを含む場合があります。

『沖縄でプールや海以外で子供も楽しめる観光スポットはないかな?』という方に向け、実際に体験して良かった子供も楽しめる3泊4日沖縄旅行のモデルコースをご紹介します!なお、移動はレンタカーが前提です。

沖縄子連れ旅行のモデルコース

スケジュール

1日目(ホテルステイ)
  • 12:30  那覇空港到着、ポーたまで昼食
  • 15:00  ホテルにチェックイン
  • 15:30~ ホテルのプールで遊ぶ
2日目(沖縄中部エリア)
  • 9:00~ 米軍基地を見に行く
  • 10:00~ 星野リゾートバンタカフェでまったり
  • 13:00~ 琉球村でシーサー作り体験他
2日目(沖縄北部エリア)
  • 10:00~ DINO恐竜PARKで遊ぶ
  • 13:00~ ナゴパイナップルパークで遊ぶ
  • 17:00~ 21世紀の森ビーチで夕日をみる
4日目(帰宅)
  • 9:00 ホテルをチェックアウト、那覇空港へ移動
  • 12:00 那覇空港を出発

1日目:ホテルステイ

那覇空港到着、ポーたまで昼食

ちょうど昼過ぎに那覇空港に着いたので、まずは腹ごしらえから。沖縄で有名な「ポークたまごおにぎり専門店」のポーたま那覇空港国内線到着ロビー店で食べることに。9種類ある中「島豆腐の厚揚げ油みそ」と「ゴーヤ天ぷら」をいただきました。

どちらもめちゃくちゃ美味しかったです!!島豆腐の方は、厚揚げの素朴な味わいと濃い目の味噌相性は抜群です。ゴーヤの方も、揚げたてサクサクのゴーヤ天ぷらとスパムの程よい塩気、玉子のまろやかさが超絶マッチしてました。

実はスパムが苦手でこれまで避けてたのですが、ここのスパムは全く癖がなく美味しかったです。スパム嫌い発動を恐れて2個しか買わなかったですが、もっと買えばよかったと後悔してます。。

  • ポークたまごおにぎり1個:390円~700円
  • コスパ評価:★★★★★(並ぶ価値あり!!)

ホテルにチェックイン、プールで遊ぶ

昼食後はホテルに向かいます。沖縄はやはりプールやビーチがあるホテルがおすすめです!我が家はルネッサンスリゾートオキナワに宿泊しました。少々お値段はしますが、大満足で子連れに超おすすめです!

ルネッサンスリゾートオキナワについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

2日目:沖縄中部エリア

米軍基地を見に行く

2日目は朝から米軍の嘉手納基地を展望できる道の駅かでなに行きます。基地にはたくさんの戦闘機が並んでおり、戦闘機が離陸する際は予想を超える爆音で迫力満点だそうです!

残念ながらこの日は離陸するところを見れませんでした。調べたところ、戦闘機の運行は軍事機密でのためいつ飛ぶかわからないそうです。

ただし、道の駅かでなには展望施設以外にも嘉手納町の文化や歴史を学べる学習展示室があったり、お土産屋さんやハンバーガー屋さんもあるので、観光ついでの寄り道には悪くない場所かなと思います。戦闘機に興味がある方は一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか◎

星野リゾートバンタカフェでまったり

是非立ち寄っていただきたいのが、星野リゾートが運営するバンタカフェです!星のや沖縄に併設するカフェですが、宿泊者以外も利用可能です。

大屋根デッキ、ゴロゴロラウンジ、岩場のテラス、海辺のテラスなど約200席ほどあり、沖縄の綺麗な海を眺めながら食事やお茶ができます海がめちゃくちゃ綺麗でした!

砂浜や岩場で遊ぶことができ、子供たちは大はしゃぎでした!海を眺めながらゆっくりしたり遊び回ったり、半日くらい過ごしたいような絶景スポットでした。超オススメです◎

  • コーヒー:500円、ガーリックシュリンプ:900円 etc
  • コスパ評価:★★★★★(有料級の景色です!!)

琉球村でシーサー作り体験他

午後からは琉球村で遊びます。琉球村では、沖縄の伝統芸能のエイサーを鑑賞できたり、シーサー作りや琉球伝統衣装体験、アクセサリー作りなど様々な体験ができます。我が家はシーサー作りとアクセサリー作りを体験しました。

シーサー作りは型から作るのではなく、色塗りをしてオリジナルシーサーを作るものです。小さな子供は型から作るのは難しいですが、色塗りなら楽しくできます!かなり楽しかったらしく、おかわりシーサーをねだられました・・。

アクセサリー作りは、貝やビーズでオリジナルアクセサリーを作るものです。バンタカフェで貝殻に目覚めたうちの子は、こちらもとても楽しんでました!やはり自分で作ったものをお土産にするのは嬉しいし思い出に残ります◎

  • シーサー作り:1,800円、アクセサリー作り:1,200円 etc
  • コスパ評価:★★★★★(子供達がとても楽しんでました◎)

アメリカンビレッジもおすすめ

他にも沖縄中部エリアの観光スポットではアメリカンビレッジもおすすめです!アメリカンビレッジは、その名のとおりアメリカの雰囲気が漂う異国情緒あふれるスポットです。

子供が少し退屈すると思い我が家は行きませんでしたが、ファッションショップやアミューズメント施設、レストランなどが東京ドーム5個分の敷地内に立ち並んでいるので、時間に余裕があって買い物が好きな方は是非立ち寄ってみてください

3日目:沖縄北部エリア

DINO恐竜PARKで遊ぶ

2日目の午前中はDINO恐竜PARKで遊びます。こちらは森の中に80体以上の恐竜がいて、まるで恐竜時代にタイムスリップしたような感覚を体感できるレジャー施設です。結構リアルで恐竜好きにはおすすめです!山の中を歩くのでいい運動にもなります◎

  • 入場料:大人1,000円、4~15歳600円
  • コスパ評価:★★★★☆(リーズナブルに楽しめます

御菓子御殿というお土産屋さんに併設しているため、ついでにお土産を買うこともできます。ちなみに御菓子御殿は、店舗によっては工場見学や紅芋タルト作り体験もできます!詳しくは公式HPをご覧ください。

ナゴパイナップルパークで遊ぶ

午後からはナゴパイナップルパークで遊びます。こちらは植物が生い茂るパーク内を電動カートで回ったり、散歩したりすることができます。電動カートは自動運転ですが、運転ごっこができるので子供は大喜びでした◎パーク内は色んな植物や蝶々が飛んでいたり、可愛い写真スポットがあったりなど、結構楽しめました!(ここにも恐竜がいました。)

もちろん名前のとおり、パイナップルも食べられます!しかし期待しすぎたのか、カットパインはそこまで甘くなかったです。。パイナップルジュースやスイーツなど、まだまだパイナップルはたくさんあったので、次回は他のスイーツに挑戦したいと思います。

  • 入場料:大人1,200円、4~15歳600円
  • コスパ評価:★★★★☆(パイナップルがちょっと期待外れ

21世紀の森ビーチで夕日を見る

最後は21世紀の森ビーチで夕日をみます。この日は雲が多くて綺麗な夕日が見れませんでしたが、晴れていれば綺麗な夕日が見れるスポットのようです。

他には万座毛真栄田岬も夕日スポットなので、沖縄の綺麗な夕日が見たい方は是非いってみてください!

美ら海水族館もおすすめ

パイナップルや恐竜に興味がない方は、定番ですが美ら海水族館がおすすめです!巨大なジンベエザメや沖縄ならではのサンゴの展示もあり、家族みんなで楽しめます◎

4日目:帰宅

那覇空港へ移動、帰宅

最終日は那覇空港でお土産を買って帰ります。紅芋タルト、ちんすこう、もずく、雪塩など美味しいお土産を買って、帰宅してからも沖縄の余韻をお楽しみください◎

まとめ

以上が、子供も楽しめる3泊4日沖縄旅行のモデルコースです!今回ご紹介した施設の場所は以下のとおりです。

特によかったのは、星野リゾートバンタカフェと琉球村です。あとポーたまが美味しすぎました。みなさんも是非行ってみてください!

沖縄でコスパの良いホテルをお探しの方は、こちらの記事もご覧ください。

この記事が皆さまの参考になれば幸いです。

デハマタ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました